「AAOトラベル」 www.aaozt.com こんにちは! AAOトラベルは、クイーンズランドを拠点に、 オーストラリア全都市へのツアー、ホテル、 レンタカーなどを無料手配しております。 → http://www.aaozt.com 一度は行ってみたい国、オーストラリアから、 現地在住の旅行のプロフェッショナル達が、 旅行に役立つ情報を発信していきます。 よろしくお願いいたします! 【オーストラリア旅行ブログ】

旅行者払戻制度を利用しよう!

こんにちは!カーニですmark56

今日もケアンズは良いお天気icon01
さらに、過ごしやすいときていますfeel12

通常、9月にはもう見られなくなっているクジラが見られたり、
フランクランド島周辺では、マンタが見られたという話もちらほらface04

9月、10月、11月あたりまでは、海の状態も良いし、
ダイビングシーズンにいよいよ突入ですかねface29


さて今日は、良くお客様からご質問される「旅行者払戻制度(TRS)」について
ご紹介したいと思います!


旅行者払戻制度(Tourist Refund Scheme)は、旅行者の方がオーストラリア国内で
お買い物をした際に発生した、GST(消費税)WET(ワイン平衡税)
払い戻しを請求できる制度のことです。


それでは、どんな時に請求できるのでしょうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<ご請求可能な条件>
◎オーストラリア出国前30日以内に同一店でA$300以上の買い物をした場合、
レシートを集めて、一枚のTax Invoiceを発行してもらう。


※レシートには、お店の名前とABNナンバー(オーストラリアンビジネスナンバー)、
商品の明細が明記されている必要があります。
レシートをもらうときに、日付と名前などが明記されているかどうか、必ずご確認ください。
(”Tax Invoice”と書かれているかどうかも要チェックです!)


◎複数の店舗の場合は、各店の買い物がA$300以上でなければいけない。

※1店舗で300ドル以上なので、まとめて1店舗で買った方がお得です!


◎手続きをする際に買ったものを見せることができること。
(2007年3月31日施行の国際線の航空機内への液体物持込の新規制により
手荷物として航空機内への持込ができない物品を除く)

※2007年3月31日より、国際線への液体の持ち込みには制限が課されています。
詳しくは、こちらのパンフレットをご確認ください。

持ち込みの方法は、以下のとおりです。

mark15新規制により航空機内へ手荷物として持ち込めない液体、エアゾール、ジェルなどの物品は
ご自身のチェックイン用荷物に入れ、チェックインの際、航空会社へ預けて下さい。
mark15パスポートコントロールを過ぎた後、出発エリアにあるTRSブースにて
タックス・インボイスの原本とパスポート、国際線搭乗券を提示し、
通常の旅行者払戻の手続を行ってください。
mark15チェックイン用荷物に入れた物品に関してTRSブースで係官が請求の妥当性を判断するために
いくつか質問をさせて頂く場合もございます。


◎全ての海外旅行者とオーストラリア住民に適応される。
ただし、航空及び船舶関係者を除く。



◎出国まで消費しないこと。

※チェックインカウンター、又はTRSカウンターで見せることが出来ないものは、
対象外となりますのでご注意ください。
オプショナルツアー代金なども対象外となります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


それでは、対象外になるものを見てみましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<対象外になる物品>
◎オーストラリア国内で一部または全部を消費してしまった消費財

※オプショナルツアー代金などもこちらに当たります。


◎ビールや蒸留酒などのアルコール類およびタバコ類 (ワインは対象となる)


◎GST非課税商品

※GSTを払っていない商品は対象外となります。
GST課税対象かどうかは、レシートに記載されています。


◎安全上の理由から機内持込みを禁止されている物品

※花火・ガスボンベ・エアロゾルスプレーなど、手荷物で持ち込めない物品


◎機内持込みの大きさ制限を超えているもの

※手荷物として持ち込めるものだけなので、大きなものは対象外になります。


◎別送物品

※こちらも、あくまで手荷物として持ち出しする場合のみ対象になります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


最後に、どうやって払い戻しを受けるのでしょうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<払い戻し請求方法>
空港にてチェックインを済ませた後、パスポートチェックのブースを抜け、
手荷物検査を受けた後、ロビー内にTRSのカウンターが在ります。

通常は分かりやすい場所にありますが、分からない場合は空港スタッフに尋ねてください。

TRSカウンターでは、次のものを見せる必要があります。
◎購入した商品-機内持ち込みの手荷物に入れておく(チェックインバッグに入れた液体を除く)
◎お店で発行して貰ったタックス・インボイス(Tax Invoice)の原本
◎パスポート
◎国際線搭乗券、その他の旅行を証明する書類


TRS職員のチェックを受けた後、払い戻し方法を以下から選びます。
◎小切手
◎オーストラリアの銀行口座への振り込み
◎クレジットカードに支払われる


はい、これで完了!簡単ですねfeel12

しかし、パスポートチェックや手荷物検査に意外と時間がかかるので、
TRSの払い戻し請求を受けられる場合は、
できるだけ早めにチェックインを済ませ、搭乗ゲートに入られるようにしてください。

なお、TRSの受付は飛行機出発時刻の30分前までしか受付けていません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ちなみに、払い戻しの金額はGSTが10%(総購入額を11で割れば求められます)、
WETは、総ワイン購入額の14.5%です。


日本語のパンフレットは、こちらのリンクから入手されてくださいね!
http://www.customs.gov.au/webdata/resources/files/TRS_Japanese_June_09.pdf


今日のAAOスタッフお勧め♪
mark15オーストラリアへのご旅行の事ならAAOにお尋ねください☆




オーストラリアといえば、便利、安心、お得の「AAOトラベル」!





AAOトラベルはブログランキングに参加しています☆
よろしければプチっっと押して投票お願いします!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ オーストラリア旅行へ 旅行・観光 海外全般人気ブログランキング
blogram投票ボタン 日記@BlogRanking ブログ王ランキングはこちらをクリック! _blank

topへ戻る
同じカテゴリー(その他)の記事画像
合言葉は「Slip、Slop、Slap」!
【1位】1月人気ツアーランキング!
信号機なきスローライフ バイロンベイで送るロハスな生活とは
世界を変える、アースアワー
夏のクリスマス
本日は春分の日
同じカテゴリー(その他)の記事
 合言葉は「Slip、Slop、Slap」! (2015-11-17 11:30)
 【1位】1月人気ツアーランキング! (2015-02-28 09:20)
 信号機なきスローライフ バイロンベイで送るロハスな生活とは (2015-02-19 16:00)
 世界を変える、アースアワー (2014-03-27 17:47)
 オーストラリアでの生活 -シェアハウス- (2014-02-06 17:19)
 夏のクリスマス (2013-12-27 19:34)

Posted by AAOトラベル 2011年09月08日

この記事へのコメント

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事
オーナーへメッセージ

削除
旅行者払戻制度を利用しよう!
    コメント(0)